2020/06/17

HOLLYWOOD VAMPIRES/L.A.GUNS ハリウッド・ヴァンパイア―ズ/エルエー・ガンズ

HOLLYWOOD VAMPIRES/L.A.GUNS ハリウッド・ヴァンパイア―ズ/エルエー・ガンズガンズ・アンド・ローゼズ関係の人のバンドだったなと、250円だから買ったと思われるCD。

中古だったので中身間違って入ってたのかと思ったほどの和風なイントロで始まる。
6・10・13曲目の様なノリノリのロックンロール曲が多いと思ってたがミドルテンポの曲の方が多い印象(グランジの影響なのか?)。
5・9・11曲目がいかにもアメリカのバンドのバラードぽく気に入った。

13曲目があまりにもノリノリだったので珍しく聴き直してみた。悪くないアルバムだった。
スポンサーサイト



2020/06/03

THICKSKIN/SKID ROW シックスキン・スキッド・ロウ

THICKSKIN/SKID ROW シックスキン・スキッド・ロウセバスチャン・バックが抜けた後の4thアルバム。
SKID ROW自体、有名曲以外は興味がなかったはずなのに未開封で500円だったからか購入していました。

新しく入ったボーカルも悪くないし(顔は知らない)、曲もロックン・ロール系をあまり聴かない私も楽しく聴き続けられました。
キラーチューンがあれば、よく聴くアルバムになっていたかもしれません。

「I REMEMBER YOU」をアップテンポにしたセルフカバーは入ってたけど。
2020/06/01

BACK TO THE REAL WORLD/MENNEN バック・トゥ・ザ・ワールド/メネン

BACK TO THE REAL WORLD/MENNEN バック・トゥ・ザ・ワールド/メネン天才ヴォーカリスト、ヨッツ・メネン(知らん)、ヨーロピアン・ヘヴィ・メタル(って帯に書いてあるから買った)のCD、中古で280円だったみたいです。
1曲でもいい曲が入っていたらいいなってぐらいですね。気楽に聴けます。

時代的にかグランジの影響を受けた様な曲が続き私には退屈な1枚でした。

ラストの2曲は従来の?ヨーロピアン・ヘヴィ・メタルらしい曲だったのでボーナストラックになったんでしょうか?

280円なので別に何とも言いません。

いい曲はそう無いものですね
2020/05/30

BREAKING THE SILENCE/HEATHEN ブレイキング・ザ・サイレンス/ヒーゼン

BREAKING THE SILENCE/HEATHEN ブレイキング・ザ・サイレンス/ヒーゼン2ndアルバムでRAINBOWの「KILL THE KING」をカバーしていたバンドの1stアルバムという事でこちらも購入した記憶。

しかし、今の帯は分からないがこのCDの帯にはメロディック・スピード・メタル、90’sのパワー・メタルを創り上げていく!!と書いてあった。
しかも、解説は和田誠。これは騙されるんじゃないかな?w

という事で、このアルバムは少しメロディアスなスラッシュメタルでした。バンドを知らず帯だけ見て買ったらどう思うだろう。
まぁ、サンフランシスコ、ベイ・エリア・ロックと書いてある所で気付くべきか。

内容は2ndアルバムはどうだったかなとは思える作品だったが記憶に残るような曲は無かった。

スラッシュメタル嫌いの人もジャケットの人みたいにはならないでしょう。
2020/05/29

MARK OF THE WARRIOR/HATERUSH マーク・オブ・ザ・ウォリアー/ヘイトラッシュ

MARK OF THE WARRIOR/HATERUSH マーク・オブ・ザ・ウォリアー/ヘイトラッシュ帯に並ぶ北欧、正統派ヘヴィ・メタル、メロディック・パワー・メタル、ネオ・クラシカルの文字。これだけ乗っけられたら買わないといけませんねw

中身は帯に書いてあった通りの要素がバランスよく感じられる曲が続いていきます。
好きなタイプの曲は多かったので、その中で突き抜けるような曲があればなというCDでした。